ジャズギターコース

講師:Biography of 保科 篤志(Atsushi Hoshina)


12歳でギターを始め、18歳でプロを志す。高校卒業後、甲陽音楽院に入学。荒崎英一郎(SAX)、上山崎初美(BASS)、 道下和彦(ギター)、ボストンで活動中のタイガー大越(トランペット)などに師事する。

1989年渡米、MI入学。在学中、PETER SPRAGUEやJOE DIORIOなどに師事。 またブラジリアンやポップスのシンガーKEVIN LETTAUのクラスにおいてもバックバンドとしてレギュラーで演奏する。HONERSを受賞して卒業。 その後もPETER SPRAGUEには個人的に師事する。

1991年、BERKLEE音楽大学入学。在学中、作曲、アレンジの勉強(特にビッグバンドアレンジ)にも力を注ぐ。 アレンジャーHERB POMEROYよりLINE WRITINGを学び、自作曲が94年のTHE BEST OF JAZZ COMPOSITION AWARDに選ばれる。 HONERSを受賞し卒業。

帰国後、六本木MISTY、横浜チェリオ、KINGS BARなどにおいて、JAZZをはじめブラジリアン、ポップス、ソウル、ロック、クラシックに至るまで 幅広く演奏活動を行う。 1998年、フィリピンで当時人気ランキング1位のボーカリスト、ロデール・ゴンザレスと共演。 また米グラミー賞受賞者アレステッド・ディベロップメントの Vo.スピーチと2度にわたり共演。 クラシックにおいては稲垣稔氏に師事。

現在はフリーのジャズギタリスト兼作曲家として、活動中。保科 篤志QUARTETなどで多数の都内及び横浜のジャズクラブに出演。 また、国立音楽院、アウラ音楽院などの講師を務め、後進の指導にも力を注いでいる。


★Message from Atsushi Hoshina:
「ジャズ・ギターをやってみたいけれども、とても難しそうでなかなかとっつきづらいと感じている方が多いかもしれませんね。 一言でジャズ・ギターと言っても、テクニックはもちろん、コードやスケールなどといった知識・理論、 それを聴き分ける耳を鍛えること、ジャズをやる上でとても重要なリズム感を鍛えること、 そして何よりも、ジャズ独特のノリとフレージングの歌いまわしをイメージで捉えること、 また、実際のセッションに慣れていくことなどなど、やる事が沢山あります。

でも、安心してください。私自身も昔、学び始めの頃とても苦労した分、何をどういう順序で学べばよいか、 またどうしたら一番効率的に判りやすく学べるかをいつも考えて受講生の身になり、 一人一人に合った内容とペースでメニューを考えてレッスンを行います。

全くの初心者の方からプロ志向の方まで、それぞれのニーズに合った内容で懇切丁寧に、 そして何より楽しくレッスンをさせていただきます。《


★Demo演奏  録音:2008.5.15 at J-Fenix Studio

Out of Rim
Koto
Honey Milk Late

「私の曲はどうも静かで落ち着いた感じの曲が多かったので、そういう自分の キャラクターを少し超えてアグレッシブで、ハーモニー的にも複雑な曲にも挑戦 しようと最近書いた曲が1曲目で、そういう意味で、Out Of Rim です

Kotoは日本音階を使って書いた曲で、私の出身の京都の古都と、楽器の琴の 音色と両方をイメージしてバークリー時代に書いたものです。

Honey Milk LateはTully’sに行ってハニー・ミルク・ラテを頼んだ時に、カウンターの中の 女の子3人が「ハニーミルクラテ~《とおんなじ口調で連唱していたのがおもしろく て、それを実際のメロディーのモチーフにして書いた曲です。まあ、ギャグみたいなもんです(笑)

Lesson

会員制個人レッスン 入会金無し
月謝制 60分レッスン 2回/月
   12000円/月 (希望により2回以上設定可能)

レッスン日時:フレキシブル制
   毎月翌月のレッスン日時をメール等で相談の上決定

場所:三軒茶屋J-Fonix StudioMap

無料体験レッスン申し込み
各種お問い合わせ・レッスン申し込み

Page Top






© 2006- J-Fenix Music School/Studio.